×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




わきが治療


わきが対策は積極的に

わきが対策はその言葉からも分るように「腋臭」の「臭い」を如何に防ぐかという事になります。わきがは遺伝性の強いものなので自分自身の嫌なにおいを防ぐというようなネガティブな考え方ではなく積極的に臭いの対策を行なっていきたいものです。

なぜネガティブに受け取る必要がないかと言いますと、わきがは大昔「立派なフェロモン」として扱われていたという事実があります。かの有名な楊貴妃もわきがだったというような説もあります。

ここ数年メジャーリーガーのイチローさんや、イケメン俳優や、ジャニーズのアイドルに至るまでヒゲをはやしている男性を見かけることが多いと思います。

ヒゲと言えば、一昔前は女性に嫌がられる、古臭い、男くさいというイメージで敬遠されていたものですが、著名人やアイドルといったイメージのいい方がヒゲをおしゃれとして積極的に取り入れた事で、ここ数年は見事にイメージが逆転されています。

また黒人や白人の男性は80%以上の人がなんらかのわきがと考えられる体臭を持っているというデータもあるようで、わきがの臭いが当たり前、わきが対策のための香水も当たり前というような女性の認識もあるようです。

こういった事からも分かるように、その時代時代でトレンド、ファッションは変化があるものですから、わきがでお悩みの方も多くいらっしゃると思いますが悲観的にならず積極手に対策、治療をしていただきたいと考えています。

日本人はわきがや香水等の臭いを嫌がる傾向があります

ですが、日本人はわきがの臭いも、キツイ香水の香りもどちらかと言えば嫌がる傾向にあり、現在販売されている整髪料や消臭剤などでも分かりますが「無臭」が好まれる傾向にあるようです。

臭い以外でも、衛生面でも世界トップクラスの清潔が好まれる日本においては、やはりわきがはなんらかの対策をおこなっておきたいところです。

わきが対策をする上で、基本中の基本を考えてみましょう。わきがは日本人には少なく、欧米諸国では80%と言われている訳を考えてみるとイメージできるかもしれませんが食生活が大きく影響しているという事もあります。

肉食中心の欧米諸国と、魚、ご飯、野菜が中心の日本。現在わきがが気になる方が増えているという事を考えてみると、食生活が欧米化してきていることとなんらか因果関係があると思われる面もあります。

現実的なわきが対策

現実的なわきが対策としては、こまめにシャワーを浴びてワキを石鹸やボディーソープで洗って清潔を保つことはもちろん、「汗拭きシート」のような物でこまめにワキを拭き取るといった努力は必要といえます。

汗拭きシートで雑菌をふき取り、服には汗わきパッドをつけておく。もちろん汗わきパットもこまめに交換するというようなこともワキを清潔に保つポイントです。

また男性は抵抗がある方が多いかもしれませんが、わき毛の処理を行なう事も有効な方法です。わき毛が生えていることによって、わきが臭を発生させる原因となる細菌が繁殖しやすくなるという事もあります。夏シーズンを避けて、腋毛の処理を行なって対策を取るという事もひとつの方法です。

最終的なわきが対策

最終的なわきが対策としては、やはりわきが手術をするのが一番の方法だと思います。医師に治療が必要だと判断された場合は健康保険適用でわきが手術を行なえるケースもありますから、まずは病院で相談をしてみる事をおすすめします。

ですが手術がどうしても嫌だという場合は、ワキガ対策を万全にしてわきがと上手く付き合っていくしかないようです。こまめな努力は必要ですが回りの方のために、またご自身のためにもわきが対策しっかり考えてみる必要があると思います。