×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




わきが治療


わきが手術(切除法・剪除法)

わきが手術の具体的な方法をご存知でしょうか。わきが手術に限らず、「手術」と聞くと怖くなってしまいますが、手術慣れしている人なんていないわけですから当然といえば当然のことです。

わきが手術は、お腹を切って内臓を・・・といった類の手術ではないのでそこまで心配する必要はありませんが、やはり手術となれば緊張すると思います。その点は致し方ないところだと思います。

わきがの独特な臭いは「アポクリン腺」から出る汗が原因なんですが、わきが手術ではこの諸悪の根源である「アポクリン腺」を取り除くわけです。

また一言でわきが手術と言っても、数種類あるのを御存知でしょうか?「切除法」は、名前から聞くと一番シンプルでピンポイントという感じがします。

ただ切除方は臭いの源を切除するわけですので後遺症が残る可能性もあるようです。可能性がある・・というだけで100%後遺症が残るわけではありません。これはわきが手術に限らず他のどんな手術にも言えることが、切除法は、わき毛が生えている部分を切り取ってしまう分けですから多少のリスクはあるということです。

一般的には「剪除法」という方法が最もポピュラーなわきが手術法と言われています。数センチの切開を数本入れ皮膚を裏返し、はさみ等で「アポクリン腺」を切り取っていきます。

切除法は、表面からアポクリン腺を除去でしたが、この「剪除法」は「裏返す」という手間を加えることによってピンポイントで臭いの元を取り除いていきます。

わきが手術(吸引法・超音波吸引法)

麻酔をして手術を行なうようですので痛みが気になる方もさほど気にしないで良いのではないかと思います。また剪除法を進化させた方法として「吸引法」というわきが手術法もあります。

切開は1センチ程度で傷跡が気になる女性にオススメです。美容整形で使用される「カニューレ」を使ってアポクリン腺を吸い出します。脂肪吸引管を手術箇所に入れている影像を見たことがある方はイメージしやすいかもしれません。

また吸引法をさらに進化改良したわきが手術が「超音波吸引法」となります。超音波吸引法はわきが手術の痛みを軽減し傷の治りも早いと言われています。

わきが手術の内容についてイメージできましたでしょうか?

わきが手術は健康保険が使える?使えない?

最後に気になる手術費用の問題ですが、皮膚を切り取る皮弁法と切除法が保険の適応になっています。ただし、誰でもが健康保険の適応を受けることが出来るわけではなく「悪臭が著しく他人の就業に支障を生ずる事実が明らかで、客観的に医療の必要の場合に限る。軽度のものは適応にならない。」と規定されています。 

また健康保険の適応となる手術方法についても詳細な規定があり、現在のところ皮弁法と切除法のみが保険適応手術とされ、吸引法、超音波法等は健康保険の適応になっていませんので注意が必要です。

美容整形やシミ除去、永久脱毛等と比較するとわきが手術には保険が適用されるように思われる方も多いようですが、医療の必要があると医師が判断した場合のみで、かつ手術方法によっても健康保険適応外の手術があるということになります。

ですから、いずれにせよわきが手術は皮膚科に受診され医師に相談をしてみて判断さて見ることをオススメします。